• Sitemap

인천광역시 중구 문화관광

통합검색

인천 중구

-℃-

伝統市場

伝統市場

新浦国際市場

19世紀末、新浦洞にあった野菜市場が新浦市場の前身である。野菜市場の中には20店舗余りの八百屋があり、そこの主人は全員中国人の華農(華僑の農民)たちで、利用客は主に日本人だった。 華農たちは白菜、大根、玉ねぎ、トマト、ピーマン、にんじん、ゴボウ、麻、レンコン等を扱っていた。山東省連帯から野菜の種子を持ってきて、現在の南区桃花洞と区崇義洞一帯で農業を行い、市場に売りに出した。仁川はもちろん、韓国においての華農の始まりと言える。

Website Link →

仁川魚市場

首都圏で一番古い魚卸売市場である仁川コンプレックス魚市場は、低価格で魚を買おうとする人々で混み合っている。当日仁川(インチョン)地域で漁獲された新鮮な魚は約500ヵ所にのぼり、インスタント魚、エビ、甲殻類、ヒラメなど約400種類が釣れています。

Website Link →

新興市場

新興市場はかつて「破産したyukak」と呼ばれ、年が経つにつれて、パブは閉じられ、定期的なパブになった。 港が近くにあるので、港湾労働者はバーに入り、商業市場を作り、今日の新興市場となった。